2016年09月05日

店長のおっちゃん

オヤジがガキのころチャリで道走ってたら、車道はさんで向こうにあるプラモ屋の前に店長のおっちゃんが立ってたから

「おっちゃん!また買いに行くから」

って手を振ったら振り返してくれたんだって。

でもねあとでよくよく思い出してみたらおっちゃん一週間前に死んでたんだわ
posted by 朱雀門の鬼 at 01:13 | 怖い話(短い話)

大きな鏡

知り合いにすごく霊感の強いコがいて、よく取り憑かれたりするコなんだけど、その子に「今までで1番恐かった経験は?」と聞いたときしてくれた話です。

一人暮らしをしてるコなんですが、お風呂に入った後パジャマをきて、髪を乾かそうと、大きな鏡の前に座り、くしで髪をとかしていると鏡に映っているはずの自分の顔が全然別人の女の人で(顔だけ)しかも鏡の中の人はくしで髪をとかすたびに髪の毛がのびるそうなんです。

そして髪をとかしながらこっちを見てニタ〜ッっと笑ったそうです。
posted by 朱雀門の鬼 at 00:11 | 怖い話(短い話)

泣いている妹

妹が小さかった頃の話。

良くある話だ。でも死ぬ程怖かった。


妹が泣きながら俺を呼びに来た。

「戸棚の中に誰か居る…」

昼の2時。

妹に背中を押され、俺はゆっくり戸棚の戸を開けた。

中で妹が泣いていた。

「誰かが戸を押さえていて、出られなかったよぅ」

今、俺の背中を押しているのは…。
posted by 朱雀門の鬼 at 00:07 | 怖い話(短い話)