2016年02月06日

同窓会の怖い話 知らない友達

もしも、仲の良い友達から久しぶりの電話があり、それがきっかけで同窓会が行われることになったら。

そして、そのきっかけを作った友達が、なぜか同窓会参加していなかったとしたら。

それには何か大きな事情が隠れているかもしれない。


僕が今年の夏経験した話です。

今年の夏、田舎に帰るかどしようか迷っていた頃 ヨッシーから電話がありました。

「何年も戻ってないけどどうしてるんだ? 今年の同窓会には参加しないのか? 今年は、盛大にやるから先生たちも 同級生もほとんどみんな出てくるんだ。 幹事のミエもお前に連絡がつかないと ぼやいていたぞ。 電話してやってくれ。」

そんな内容だった。

ミエの電話番号を聞いて、彼女に連絡して 今年の同窓会に出席することにした。

同窓会に出席すると 同級生や先生達の懐かしい顔があった。

25年目ぶりなので、ほとんど顔と名前が一致しなくて みんなに怒られたり、あきれられたり 「相変わらず失礼なやつだなぁ。」と 仲の良かった先生にも笑われた。

しかし、その中にヨッシーはいなかった。

幹事にそのことを聞くと 「ヨッシーって誰?」と聞き返された。

確かにそのあだ名と顔は思いされるのだが 名前は、苗字も下の名前も思い出せなかった。

他の誰に聞いてもわからなかった。

そして、僕に電話をかけた人間は誰もいなかった。

幹事のミエも、そういえば 他のみんなにははがきで出席の確認を取っていたので 自宅の電話番号しか教えていないので 携帯に直接かけてきたのはあなただけだったので ビックリした。
といっていた。

その場の空気が悪くなりそうだったので それ以上話を広げなかったが、 誰も、嘘を言っている感じではなかった。

2次会でまたそのことが話題になった。

誰もヨッシーを思い出せなかったし、 後輩や両親、兄貴にまで電話をかけてみたけど 誰も知らなかったし、僕に同窓会を教えてくれた友人は 誰もいなかった。

ただ、母親がヨッシーらしき友人を覚えていた。

一度汚れた古本を誕生日のプレゼントだと言って 帰ってきたことがあった。

あんまり熱心に読んでいるので捨てろとは 言い出せなかったが、プレゼントに ゴミ箱から拾ってきたようなものを渡すとは へんな友達だなぁと思ったので良く覚えている との話だった。

タニグチがリダイヤルか何か残ってないか?
と聞いてきた。

携帯の着信は、10件保存されるので あまり使っていない僕の携帯には、彼の電話番号が残っていても可笑しくはない。

調べてみると確かにそれらしい番号があった。

リダイヤルを押すといきなり扉の向こうで 携帯の着信音らしきものがいきなり鳴り出した。

友人の何人かがいきなり飛び出し 扉を開けたが、誰もいなかった。

その瞬間僕の携帯がいきなり電池が切れてしまった。
(それ以来壊れてしまった。)
みんな怖くなって2次会は早々に切り上げることになった。

そして、先日ヨッシーからのメールが届いた。

「そのうち、そっちに遊びに行くからその時は とめてくれよな。」と書かれてあった。

返事はまだ書いていない。
posted by 朱雀門の鬼 at 20:09 | 幽霊 悪霊 怪談
2015年12月28日

アパートに一人暮らしの学生が体験した怖い話

魔の13階段なんて、話がある。

アパートの階段の段数が13段あると、そのアパートの201号室は、必ず霊的にヤバいのだとか。

今回の話は、13階段のアパートだったかどうかはわからないが、とある学生が体験したアパートの怖い話。

ある一人暮らしの学生Aがあまりに暇だったのでゲームでもしようと友達を電話で呼び出した。

しばらくすると、

「ガンガンガンガンガン」とドアを叩く音が聞こえ、Aは「ずいぶん早いな」と思いながらも玄関へ向かった。

「おい!ずいぶん早いじゃないか!呼び鈴ぐらい鳴らせよ〜」

外で待っているであろう友人に声を掛けるが返事が無い。

不思議におもったAが覗き穴を覗くと外には誰も居なかった。

隠れているのかと思いドアを開けようとした瞬間、突然、携帯が鳴った。

友人からだったので出てみると、

「お前!絶対ドアを開けるんじゃないぞ!」

「何でよ?」

「お前のアパートの階段を女が四つん這いで昇って行ったんだよ!!!」
posted by 朱雀門の鬼 at 21:51 | 幽霊 悪霊 怪談
2015年12月20日

海外旅行でオカルト体験 霊柩車から死への誘い

面白いことに、心霊現象は古くから日本と海外共通点が多いという。

死ぬ前の姿で現れる、霊の願いをかなえてあげると成仏する、白い服を着ていることが多いなどなど・・・・

これはつまり、霊というのは世界中で古くから目撃されているということになるのかもしれない。

そして、今回の話は、海外でのオカルト体験・・・・


友達から聞いた話。

ある女性が海外旅行をしていた。

初日から買い物や食べ歩きを楽しんだので夜になると疲れてしまい、その日はホテルへ戻り、寝ることにした。

ところが、暫くして車のクラクションの音がして目を覚ました。

「うるさいな。」と思い、窓から顔を出すと、霊柩車が止まっていた。

クラクションが止み、運転席から青白い顔の男が顔を出した。

「もう一人、お乗りになれますよ。」

女性は気味悪く思い、慌てて窓とカーテンを閉め暫くしてから再び外を見ると霊柩車も男もいなかった。

不信に思いながらも再び眠りに付いた。

翌日になり、ホテルのフロントで

「昨日深夜に霊柩車に乗った男がクラクションを鳴らしてよく眠れなかった。」

と苦情を言うと、

「昨夜は誰も泊まりに来てませんし、霊柩車も通ってませんでしたよ。」

と言われた。

女性は不思議に思いながらもその日も観光名所へ行ったり、買い物などを楽しんだ。

隣の街へ足を運んでみようと思い女性がバスを待っていると古めかしいバスが止まってドアが開いた。

すると中から霊柩車の男が顔を出した。

「もう一人、お乗りになれますよ。」

女性が「結構です。」と断ると、バスは行ってしまった。

周りに居た人を見渡すと誰もさっきバスが来た事に気がついてないみたいだ。

女性は少しだけ怖くなった。

隣街へ着いて、女性はデパートへ向かった。

二階にある婦人服売場へ行こうとしてタイミングよく来たエレベーターへ乗ろうとした。

ドアが開くと、中からまたあの男が出てきた。

「もう一人、お乗りになれますよ。」

女性は驚きと恐怖で叫びそうだったが、何とか「け、結構です・・・。」と蚊の鳴くような声で断った。

男は無言でエレベーターへ乗り込んだ。

ドアが閉まったとたん、中から何かが千切れるような音と、凄まじい悲鳴、大きな物が落ちたような音がその場に響き渡った。

ワイヤーが切れ、エレベーターが落ちたのだ。中に乗っていた十名の乗客は全員死亡。

不思議なことに、女性が見た霊柩車の男と証言の合う人物は誰一人居なかった。

あの男は一体何だったのだろう。
posted by 朱雀門の鬼 at 12:00 | 幽霊 悪霊 怪談