2016年09月14日

鏡越しに

俺は一人暮らしの社会人。この前、夜中、風呂から上がって鏡見ながら髪乾かしてた。

ふと鏡の端の方に視界を移したら、俺の背後にある扉のわずかな隙間から誰かが覗いているのが映っていた。

俺はかなりビビって視線をそらし、怖いので後ろを振り返る事が出来ずに固まってしまった。

しばらくし、もう一度視界を鏡の端に移した。だがもう「顔」はなかった。

気のせいだったかと思いながら何気無く鏡の右上角に目をやった。

あった。「顔」はまだ覗いていた。天井の高さ位の所から。

よく見るとそれは本当に顔だけだった。髪や耳などなく、顔の部分だけが浮いてるような感じに見えた。

俺は悲鳴を上げながら思いきって扉を蹴り開けた。

何もいなかった。だが、あれは見間違いなどでは絶対ない。今でも覚えている。

あの満面の笑みをした表情のように見えた「顔」を。

それ以来、扉やふすまは必ず完全に閉めるようにしている。
posted by 朱雀門の鬼 at 02:20 | 怖い話(短い話)