シンドラ【集合住宅の恐怖】「嘔吐」ネタバレとあらすじ
2016年08月24日

シンドラ【集合住宅の恐怖】「嘔吐」ネタバレとあらすじ

シンドラ【集合住宅の恐怖】、「嘔吐」のネタバレとあらすじを書きます。

※※※※※※※※※※※

若い男性が二人、マンションのベランダにいる。

アフロヘアーの男性と、イケメン男性の二人だ。

どうやら、二人は賃貸マンションを探しているらしい。

「(ベランダからの)眺めがいいねー。」

と二人は話している。

そこへ、不動産屋のスーツの男性が二人の話に入ってくる。

六本木近くで50uの2DK、内装はとても綺麗だ。

これで8万5千円らしい。

安すぎる。

アフロの男性は、「怪しくないですか?」と疑問を持つ。

「事故物件ってやつじゃないですか?」

その質問に不動産屋の男性は、明らかに挙動がおかしくなる。

どうやら図星らしい。

不動産屋の男性は説明を渋っていたが、やがてきちんと説明してくれた。

この部屋には以前、夫婦が住んでおり、夫が妻を殺してしまったそうだ。

殺害場所は風呂場。

3人は風呂場に行くが、いたって綺麗だ。

アフロ男性は不動産屋に質問した。

「リフォームしたんですか?」

「(事件が)入居されてすぐだったので、まだ・・・もちろん、ハウスクリーニングはしていますし、1年前のことですので。」

「まだ血液反応出るんじゃないですか?ああいうの5年は残るって話ですし。まだ配管とかも取り換えてないんですか?」

「高圧洗浄はしましたが、マンションですので、さすがにすべてを取り替えるわけには・・・」

「そのままってことですか・・・」

アフロ男性は考え込んだ。

契約への雲行きが怪しくなってきたことを察知し、不動産屋は焦り出した。

もし入居してもらえるならリフォームも考えますし、お家賃も考えさせてもらいますとのことだ。

さらに安くしてもらえるようだ。

考えるアフロ男性。

・・・・・アフロ男性とイケメン男性が、荷物を運んでいる。

結局、その部屋に決めたようだ。

荷物を部屋に運び終わったところで、隣の住人が部屋から顔を出した。

若くて綺麗な女性だ。

不安げな顔で、二人を見ている。

アフロ男性がすぐに挨拶をした。

「ご挨拶遅れましたが、よろしくお願いします。引っ越しでうるさくしちゃうかと思うんですけど、なるべく早く終わらせますで。」

「いえ・・・それはいいんですけど・・・」

どうやら、女性は例の事件のことを気にしているようだ。

「ああ、不動産屋から事件のことは聞きました。その分、家賃は安くしてもらったんで。」

アフロがあっけらかんと言うと、女性も納得した様子で自分の部屋に戻っていった。

女性がいなくなると、にやける男二人。

「エロいな!」

早速、引っ越し準備をとりかかろうと、二人も部屋に戻る。

そして、おもむろに大きな黒いバッグを開いた。

バッグの中には、若い女性の死体が入っていた・・・・

二人は、女性の死体を風呂場に運び、解体を始めた。

そう、最初からこれが目的で、事故物件を借りたのだ。

すでに殺人が行われているマンションの風呂場なら、血液反応が出てもおかしくないためだ。



※※※※※※※※※※※

これは面白い。

完全に想定外でした。

全く違う方向のことを考えていたので、最後にびっくりです。

なぜ、YouTubeに低評価が多いのか、理解できません。
posted by 朱雀門の鬼 at 07:56 | ホラードラマ