シンドラ【集合住宅の恐怖】「序章コペルニクス的転回」ネタバレとあらすじ
2016年08月20日

シンドラ【集合住宅の恐怖】「序章コペルニクス的転回」ネタバレとあらすじ

シンドラ【集合住宅の恐怖】のネタバレとあらすじ、感想を書きます。

まずは、序章「コペルニクス的転回」から。

※※※※※※※※※※※※※※

若いOLが、朝出社するところ。

玄関を出ようとすると、携帯に1通のメールが届いた。

開いてみると、「ナゼヘンジクレナイ? ムシシタラナニスルカワカラナイヨ」という不気味な内容だった。

「誰だよ?こいつ?」

OLは腹立たし気に言い放つ。

急いでいるのか、慌てて部屋を飛び出すOL。

アパートを出たところで、走る自転車と接触してしまった。

OLは「すみません」と一言謝ると、落としてしまった自分のカバンを拾い上げる。

自転車に乗っている男は、サイクリング用のヘルメットにサングラス、口元を隠すネックウォーマーで顔が見えないが、ジッとOLを見つめていることだけは分かった。

・・・その日の仕事が終わり、会社を出たOL。

すると、会社の前には朝ぶつかった自転車の男が、いた。

OLは恐怖に顔が引きつり、会社の違う出口から帰ることにした。

バス停まで行くと、いつも乗っているバスが発車しかけている。

何とか間に合った。

バスの運転手と顔見知りらしく、少し待っててくれたのだ。

座席に座り、ホッと一息するOL。

すると、メールを受信した。

中を見ると。

「オレヲオコラセタナ ヤリニイク」

と書かれている。

バスが信号で止まると、バスの横に例の自転車の男が横に並んだ。

自転車の男は、顔を逸らすOLをじっと見つめている。

相変わらず、顔は隠れていて見えない。

信号が青に変わり、バスは走り出す。

自転車も並走してくる。

競技用の自転車のため、スピードが速いのだ。

だが、やはり車には勝てない。

徐々に自転車を引き離す。

バスが停留所に停まった。

主人公のOLは、後ろを気にしながらも停留所で降りようとした。

だが、足の不自由なお婆さんがゆっくり降りているため、OLはなかなか降りられない。

後ろを見ると、自転車が追い付いてきていた。

今降りれば鉢合わせる。

その停留所で降りるのをやめたOLは、不安げにバスに座り直した。

走り出すバスだが、すぐに停まった。

人が乗り込んできたのだ。

なんと、例の自転車の男が乗り込んできてしまった・・・

自転車の男はOLのすぐ後ろの席に腰を掛けると、「はぁーはぁー」言っている。

怯えて固くなるOLの肩を、自転車の男が掴んだ。

「ねぇ・・・・ぶつかったときに、落としたみたい。」

なんと、自転車の男はOLが落した鍵を届けに来てくれていたのだ。

そして、男はサングラスを外しネックウォーマーも取った。

男の素顔はとてもカッコいい。

イケメンだった。

怪しい人物ではないことがわかり、さらにイケメンであることを知ったOLは、急に恋愛モード突入。

「ありがとうございます」のお礼にも、女が出ている。

「じゃあ、俺はここで。」

と自転車の男は、次の停留所で降りるようだ。

そして、男はデートに誘ってきた。

「あの・・・もしよかったら、今度ご飯でも。」

受け入れるOL。

なんだか、ほんわかしたムードが流れる。

連絡先を交換し、停留所で降りて行った自転車の男。

走り出すバス。

すると、すぐにOLはメールを受信した。

「もう?(こんなに早くメールくれたの?という意味だと思われる)」

嬉しいようなびっくりしたような声を出しながら、携帯を開いてみるとメールは自転車の男からではなかった。

「アンナオトコヤメロ キミハオレダケノモノ」

このメールしてきた人物は、今のOLを見ていたということになる。

慌てて周囲を見回すOL。

バスには自分以外の乗客はいないようだ。

そのとき、バスが急停車した。

OLは運転手に尋ねた。

「すみません。どうかしたんですか?」

運転手から返事はない。

そして、またメールを受信した。

「ヤット、フタリキリニナレタネ」

そう、謎のメールの相手はバスの運転手だったのだ。

恐怖で固まってしまうOL。

バスはいつの間にか「回送」になっていた。



※※※※※※※※※※※※

とても面白いですが、ツッコみどころも多いですね(笑)

まず、自転車の男はなんでOLの会社を知ってんだよ?ということが気になります。

自転車の男も、ストーカーだったのでしょうか?

次に、イケメンだとわかった途端に態度が変わるOLもちょっと面白いです。(これは面白かったですが)

それと、配役が上手いと思います。

ストーカーされるOLが可愛い女性で、自転車男が誠実そうなイケメンで、バスの運転手が太った中年男というのが、絶妙です。

この男性の配役が逆だったら、ドラマにならなそうですからね(笑)
posted by 朱雀門の鬼 at 05:58 | ホラードラマ