2016年01月21日

幽霊のストーカー

幽霊になっても生きてる頃と同じように考えることができるのならば、好きな子のストーカーをする幽霊がいてもおかしくない。

今回はそんなお話。


十年くらい前、友達だった先輩が自動車事故で死んだんだけど

それから一週間くらいした夜中の1時頃3才年上の姉キの部屋から話し声がしたんだよ。

(その頃は実家に同居だった)

テレビでも見てんのかと思ってその時は気にしなかったんだけど

次の日、オレが仕事が遅くなって夜中の2時くらいに帰ったらまた

姉キの部屋から話し声がしたからテレビ付けっぱなしで寝てんのかと 思ってノックしても反応がなくて部屋に入ったらだーれもいなかったんだよ。

アレっと思ったんだけどその時は聞き違いかと思い姉キも夜遊びでもしてんのか と思って自分の部屋に入って寝よーとおもったら・・・・・・

姉キの部屋が開く音がして、明らかに人の足音が廊下でしたんだよ。

三分前にオレが見たとき確かに誰もいなかったハズなのに・・

本気で恐怖ってヤツを実感してどーしても廊下に出れなくてその日は布団被って寝たんだけど翌朝、姉キの部屋に行ったら普通に寝てんだよ

で、無理やり起こして「昨日何処行ってた」って聞いたら何処も行ってない って言うし「夜中に廊下に出たか」って聞いても出てないと言うんだ。

で、昨日お前は居なかったし2時頃廊下に出る音がしたと言ったら 平然と「あぁ、それは**だ」と死んだ先輩の名前を言いやがった

その時まで全然知らなかったんだけど俺の姉キは見える人だったらしく 死んだ翌日から毎日来てると言うんだ。

「お前は死んだ人と話ができるの?」と姉キに聞いたら話はできないから あぁいるなぁと思うだけで姉キは全然気にして無いらしい。

でも、「確かに昨日2時頃お前居なかったぞ」と言ったら 「昨日は何時もよりしつこく居たような気がしたけど寝ちゃったから」 と平然としてる。

その時思い出したんだけど、死んだ先輩は奥さんも子供もいたんだけど、一緒に飲みに行った時、酔って俺に「ホンとはおまえのネーちゃんが好き だったんだんだけどフラれた」と言ってた事があったんだよ。

その時はウソかと思って聞き流してたんだけど姉キが言うように死んだ翌日 から毎日来てるってのがホンとなら余程未練があったのかなぁと 最後はしみじみした出来事でした。
posted by 朱雀門の鬼 at 07:49 | 不思議な体験