2015年07月20日

ゴミ捨て場での怖い話

ゴミ捨て場。

もしも、そこに死体が捨ててあったら・・・

そう想像しただけで、なんとなく気味が悪く嫌な気分になる。

だから、もしそれが現実として起こってしまったときは、とんでもなく怖いことであろう・・・・


俺の家族家事で役割分担してるんだ。俺はゴミ捨て担当。

その日俺寝坊したんだ。

それなのに学校行く前にお袋に生ゴミの袋4つ持たされて、ゴミ捨て場までダッシュする羽目になったんだよ。

ゴミ捨て場ってのは公民館で駅と逆の方向で、チャリでも10分かかるんだよ。お袋恨んだね。かなり。

久々にマジで走ったよ。でも100mくらいでバテたww

そんで、ちょっと止まって空見た。カラスが5、6羽飛んでたんだ。でも別に珍しいことじゃないよな?

まぁ少し息苦しいのが治ったから、またダッシュ。

だいたい15分くらいか?そこの角曲がったらゴールってとこまで来たんだ。

ムチャクチャ息上がっててさ。歩くだけでやっとって感じ。

30秒くらい休憩しようと思って止まった。そん時にカアカアうるさいことに気付いたんだ。

空見たらカラスがバサバサ飛んでんのな。

後ろ見たらまだまだ来るみたいで……みんな公民館目指してるんだよ。

何だろうなあって思って何の気なしに曲がったんだ。

……公民館の壁で真っ黒なドデカイ塊がモゾモゾしてた。

「うわぁ!」って大声出しちまったよ。しかもそれカアカアうるさかった。

全部カラス!?ってマジで焦った……

ゴミ袋の山にたかってるみたいだった。でもここまで来て引き返すのも癪だったから、その辺の石ころ拾って角に隠れて、公民館に思いっきり投げた!

バサバサバサカァカァカァカァ!!ってカラスみんな逃げてったよ。ちょっと爽快だったw

でも何か変だった。

ゴミ山が赤いマダラ模様になってた。何だろ?ってそこに行った。

近付けば近付くほど不気味だった。で、袋と袋に挟まって見えたのが、血まみれの手、だった。

しかもそこら中に赤いグチャグチャの塊が飛び散ってて、赤い液体が流れてた。

逃げたよ。死ぬ程疲れてたのに猛ダッシュで。で、大通りまで戻った。

そん時初めて携帯がブルブルいってんのに気付いた。メールだった。

『ねぇ、見た見た?見たでしょ?』

これが7通。みんな俺の前使ってたアドレスだった。

この後警察が来たりして大騒ぎだった。俺は家事分担を風呂掃除に代えてもらった。
posted by 朱雀門の鬼 at 12:00 | 幽霊 悪霊 怪談