外国人の幽霊 池袋の某ホテルの怖い話
2015年06月20日

外国人の幽霊 池袋の某ホテルの怖い話

ホテルという場所は、多くの人間が行きかう場所だけあって幽霊の目撃談も多い。

外国の人がよく使うホテルであれば、当然のようにそこに出る幽霊も外国人のことが多いのかもしれない・・・・


今から7年程前の事です。

出張で、知名度の高いPホテル(池袋)に宿泊した時のことです。

私は気配がする...位を察する程度で、特に強い霊感等は持ってませんでした。

私が宿泊した部屋は913号室、(ダブルベッドルームのシングルユースという形での宿泊でした)隣室は先輩が宿泊する部屋でした。

チェックインを済ませてドアを開けた瞬間です。

今まで感じたことのない妙な感覚がしました。

それでも気のせいだろうと特に深く考える事はありませんでした。

しかし、夜のことです。

やっと寝付けた時でした。

男の人がすーっと部屋に入ってきました。

それも、私は目を閉じて眠っているのに見えるのです。

男の人は日本人では無いようでした。

そして、ベッドの端に、それも入り口が見えないように背を向けて眠っている私の背後にきてそこから顔を覗き込んだかと思うと、今度は私の前面に回り込んできたのです。

と、いきなり、首を絞めるように手を伸ばしてきたのです。

その形相はとても恐ろしいものでした。

恐怖のあまり目を覚まして起き上がると、彼は消えてました。

あまりの恐しさに、先輩に電話をかけて助けを求めようとしましたが、電話は枕元から離れた所、しかも鏡の前だった為できませんでした。

朝、朝食をとるために迎えにきた先輩は、私の顔を見るなり驚きの声をあげました。

先輩には朝食をとりながら昨夜の出来事を話しました。

Pホテルには連泊でした。その日の社用を終え、会社にいる霊感の強い先輩に前夜の出来事を話すと、先輩は対処法を教えてくれました。

その指示に従ったところ、雰囲気は相変わらずでしたが 前夜よりは落ち着いていられる事ができました。

そして0時をまわったころです。

先輩の部屋との間の壁が強くドーンと叩かれる音がしたのです。

かなりびっくりしましたが、先輩が悪戯でもしたのかもと思い、なんとか眠りました。

しかし、翌朝です。先輩が私に

「おまえ、昨夜何で壁をノックしてたんだ?」

と聞くのです。

私はノックなどしてないと言い、

「先輩に壁を叩いた?」

と聞きました。先輩はしてないといいました。

ぞっとしました。
posted by 朱雀門の鬼 at 12:00 | 幽霊 悪霊 怪談