青黒い犬に追い掛けられる
2014年10月20日

青黒い犬に追い掛けられる

たとえば、誰かに追いかけられる夢というのは非常に怖い。

それが現実のことだったらなおのこと怖いだろう。

家系的に、なにかに追われることがあったとしたら、決して気分の良い事ではないだろう・・・・


家系のオカルトと呼んで良いのかわからないが…

家の母方の実家の男衆が、みんな『青黒い犬』に追い掛けられるらしいんだ。一人の例外も無く。

じいちゃんはその青黒い犬ってヤツに追われたらしく、青森から青函トンネルを使って姿を消し、二年後北海道から帰って来た。

叔父貴は、ミュージシャンとして渡米する直前に青黒い犬とやらに追い掛けられ、東京の大学から群馬の布団工場で発見された。これが一年。

そんで入り婿になった外様のAさんまで、「青黒い犬に追いつかれた」って電話で言い残した後、富山県で首が折れた状態で発見された

逆に、実家からよその家に婿入りした男の人は二人いたが、その人達は何も起きなかったらしいんだ。

少なくとも今のところは。

今から14年前、親戚を解散させたんだがね。

結局、親戚内でも青黒い犬の話題は厳禁らしく、男衆しかその犬がなんなのかわからない。

誰も語ろうとしないし、聞いてもいけない。

おふくろ曰く、

「私は○×の家から出て嫁に入ったから、アンタの所に犬は来ないから安心しなさい」って言われたんだが…

ちなみに母方の家は青森県だ。

誰かこの青黒い犬とやらに近い妖怪や伝承知らないか?頼む。

久々にすっごいの来たなオイ

青でも黒でもなく青黒い犬…

この青森の〇×家を名乗る男は、みんな追っかけられるってこと?
posted by 朱雀門の鬼 at 00:00 | 家系にまつわる呪い